iPad9.7(第6世代)対応キーボードカバーを買ってみた!!

ガジェット

実は、私、阿波踊りと同じくらいガジェットが大好きです。
特にApple製品が大好きで、スマホもiPhoneだし、iPad9.7(第6世代)やApple pencilを
使っています。


なので、このブログでは私が気に入ったガジェットの紹介や、レビューも書いていきたいと
思いますので、どうぞお付き合いください。
さて、ガジェットレビューの第一弾としては、iPad9.7(第6世代)対応のキーボードが
取り外し可能な、キーボードケースをご紹介したいと思います。


今回ご紹介するのは、「DINGRICH」のキーボード分離式ケースです。


Pad 9.7 ケース キーボード Bluetooth 分離式 DINGRICH オートスリープ機能 7色
バックライト スタンド付き PU レザー iPad 2018 第6世代 カバー/iPad 2017 第5世代 / iPad air/iPad pro 9.7 / iPad air2 汎用 ワイヤレス キーボード ケース(紺色)


Amazonで買ったのですが、タイムセールだったのでなんと、値段2,999円!!

なぜ、このキーボードケースを買ったかというと、iPadでブログ記事の作成やLineやSNSの
文字入力を素早く簡単にしたかったからです。
iPadのソフトウェアキーボードもそれなりに入力しやすいのですが、やはりいつも
使い慣れている物理キーボードにはかないませんからね。
また、せっかくのiPadなので外出先でもキーボードを使って、気軽に文字入力をしたかったので、ケース付きにしました。

よかったところ

角度調整が自由にできる

iPadの角度調整が自由に変更可能です。特に、ケースに溝はありませんが、すべるようなことはなく、しっかり固定されています。

ケースの質感がGood! 

ケースの質感がよく、頑丈な作りになっています。iPadを守ってくれている感があります。

キーボードが充電式

キーボードが充電式になっていて、2時間の充電約30日電池が持つようです。

オートスリープ機能対応

ケースがオートスリープ機能付きなので、無駄なバッテリーの消耗を防いでくれます。

キーボードがケースと分離可能

キーボードがケースと分離式となっています。この点は、私にとって大きなポイントで、
ソファーの上などでiPadを使うときにキーボードがついていると邪魔かなと思っていたので、
分離式を選んで大正解でした。

いまいちなところ

ケースとキーボードが重い

ケースにキーボードをつけた状態だと、本当に重い。たぶん、650g位ありそうです。
iPadと合わせると、1kg近くになってしまいます。

キーボードのキーが小さい

これは、しかたがないことですが、キーボードのキーが小さくて、若干文字入力がしにくい。
ただ、これは私の慣れの問題かもしれません。

最後に 

そんなこんなで、数日使ってみた感想ですが、やはり、値段相応な感じではありますが、
文字入力時の遅延などはなく、iPadでの文字入力がかなり快適になりました。
また、キーボードを分離可能なため動画を見るときなどはキーボードを外してスタンドとして、活用しています。

総合的に大満足の商品です。

コメント