Apple Pencilの使い方とおすすめ活用法 ​

ガジェット

去年、 PayPayの100億円バラマキ施策にまんまと踊らされ、Apple Pencilを職人しました。
正直、購入する前は、「書き心地が悪そうだな~」とか「メモは、紙でとればいいしな~」と
思い、購入を躊躇していましたが、買ってピックリ。

心配していた、書き心地はバッチリだし、Apple Pencilを買ってからは紙にメモをとることは
なくなり、100% iPad+Apple Pencilに置き換わりました。

まさに、「アナログ」と「デジタル」の融合を実体験することができました。

そんなわけで今回は、iPad+Apple Pencilのおすすめ機能や、有効に活用できる使い方を
ご紹介したいと思います。

Apple Pencilの購入を迷っている方がいれば、是非、参考にしていただきたいと思います。

iPad+Apple Pencil

Apple Pencil 第一世代と第二世代の違い

現在、Apple Pencilは、第一世代と第二世代の2種類が販売されています。
それぞれ、機能や値段に差があるので、改めて比較表をご確認ください。

世代Apple Pencil(第一世代)Apple Pencil(第二世代)
対応iPadiPad Pro(10.5インチ)
iPad(第6世代)
iPad Pro(12.9インチ)(第2世代)
iPad Pro(12.9インチ)(第1世代)
iPad Pro(9.7インチ)

iPad Pro(11インチ)
iPad Pro(12.9インチ)(第3世代)
値段¥10,800 (税別)¥14,500 (税別)

表をみていただけるとわかるように、Apple Pencil(第二世代)は、最新のiPad Proのみ、互換性があり、一世代前のiPadでは使えません。
半面、Apple Pencil(第一世代)は、最新のiPad Proには、互換性がなく、一世代前のiPad ProとiPad(第6世代)で使えるようになっています。

そのため、自分の持っているiPadに対応していることを確認してから、購入するように、
お気をつけください。

iPad+Apple Pencilの便利な機能

さて、ここからは、iPad+Apple Pencilの便利な機能について、ご紹介したいと思います。

メモをとる

突然、メモをとりたいって時は、ありませんか?

例えば、考え事をしていて、とてもいいアイデアが思いつき、直ぐにメモを取りたい時や、友達と電話していて、待ち合わせ時間をメモしたい時。

iPad+Apple Pencilであれば、このようなシュチュエーションでも、直ぐに対応することが可能です。

その方法は、簡単。

iPadの待ち受け画面で、Apple Pencilを一度タッチするだけで、メモアプリが立ち上がり、メモを取ることが可能です。

1.待ち受け画面上で、Apple Pencilをタッチします。

2.メモアプリが起動し、直ぐにメモがとれます。

紙の文書をスキャンして書き込みをする

iPad+Apple Pencilでは、紙の文書をスキャンして、スキャンしたファイルに直接書き込むことが出来ます。

ペーパーレスが進んでいる時代ですが、まだまだ紙の資料は、多いです。

この機能を使えば、紙でもらった文書をiPadにスキャンし、Apple Pencilで書き込んだものを
データとして、送付するなんてことも可能です。

実際の手順を、以下に記載します。

1.メモアプリを起動し、右下の+をタップし、「書類をスキャン」をタップします。

2.スキャンしたい文書を黄色い枠に配置し、スキャンします。

3.次に、「スキャンを保持」をタップします。

4.スキャンした書類になったら、「共有」をタップし、「PDFを作成」をタップします。

5.スキャンした文書に書き込みし、終わったら「完了」をタップします。

6.スキャンした書類として、保存されるため、再度開いて確認することが出来ます。

   

Webページに書き込む

仕事やプライベートで、調べ物をする時にWebサイトを使いますよね。

Webサイトを閲覧していて、有益な情報があればブラウザのブックマークに登録したり、
リーディングリストに登録していると思います。

そして、数日後に保存したWebサイトを参照しようとした時に、どこに保存したか忘れて
しまったり、重要な部分がどこだったか忘れてしまうってことないですか?
私は、よくあります。。。

そのため最近は、後で必要になりそうなWebサイトを見つけた時には、重要な部分に印を
つけて、メモアプリに保存するようにしています。

そうすることで、必要な情報を必要な時に、瞬時に確認できるようになりました。

実際に私が行っている手順を、ご紹介いたします。

1.後で、見たいWebサイトが見つかったら、「共有」をタップし、「PDFを作成」を
タップします。

2.PDFが作成されたら、右上のマークをタップし、Apple Pencilで書き込みます。

3.書き込みが終わったら、「共有」をタップし、「メモに追加」をタップします。

4.「保存」をタップし、メモに保存をします。

5.メモアプリで書き込んだPDFが保存されます。

Split Viewを使ってメモを取る

皆さんは、Split Viewを使いますか?私は、よく使います。
一番多い使い方は、Youtubeや動画を見ていて、「あっ、この情報後で役に立つな!!」って、思ったときに、Split Viewを使って、画面半分にYoutube、もう半分にメモアプリを立ち上げ、
メモを取るようにしています。

Youtubeなどを見ていて、いい情報だなと思っても、直ぐに忘れちゃうんですよね。

最後に

いかがでしたでしょうか?
冒頭でも書かさせていただきましたが、Apple Pencil を買う前は、「本当にいるのかな?」や「使い道は、あるのかな?」と思っていましたが、実際に使ってみて、iPadを効果的に使いたい場合は、絶対にApple pencilが必要だと思いました。
もし、壊れたらまた、買います。
購入を迷っている方は、是非、購入をお勧めします。

コメント