GANZO(ガンゾ)の財布を買ったので、細部についてレビューします

レビュー

こんにちは、hy-awaです。

今回は、長財布を新しく買ったので、購入レビューをしたいと思います。

今回買ったのは、

GANZO THIN BRIDLE(シンブライドル)マチ無し長財布 ブラック

です。

 

GANZO(ガンゾ)の紹介

みなさん、GANZOって知ってますか?

GANZOと書いて、ガンゾと読みます。

GANZOは、財布や革製品の高級ブランドで製造は、AJIOKAという日本の企業が行っています。

デパートの紳士用品や財布売り場には、必ずある一流のブランドです。

GANZOについては、以下にリンクを張っておきますのでそちらをご覧ください。

最高級のメンズ革製品 GANZO(ガンゾ)公式WEBサイト
日本の職人が一切妥協する事なく本物を追求した最高級のメンズ革製品 GANZO(ガンゾ)公式オンラインストア。長財布、名刺入れ、パスケースからアフターケア用品まで本物を追求したメンズ革製品を取り揃えています。

なぜ、長財布を買ったのか?

さて、なぜ私がこの長財布を選んだかというと、稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?という、本を読んで影響されたからです。

いままでは、グッチの二つ折りの財布を使っていたのですが、この本を読んでどうしても高級長財布が欲しくなり、思わず買ってしまいました。

THIN BRIDLE(シンブライドル)マチ無し長財布のレビュー

今回、僕が購入した財布は、THIN BRIDLE(シンブライドル)マチ無し長財布 ブラックという、ブライドルレザーの小銭入れがない物を購入しました。

また、小銭入れ付きにするかも悩みましたが、長財布はスーツの内ポケットに入れることを想定して、なるべく薄くスッキリと持ちたかったので、小銭入れ無しにしました。もともとは、コードバンの財布が欲しかったのですが、コードバンはブライドルレザーに比べ水に弱かったり、お手入れが大変だということでブライドルレザーに決定。

尚、同じシリーズで小銭入れ付きもありますので、そちらがいい方は以下のリンクから購入可能です。

では、財布の細部についてレビューしていきます。

正面からの写真です。牛革のブライドルレザーを使用しており、色はブラック、ベーゼル、ダークブラウン、ネイビーの4色あります。

写真では、白っぽい膜が張っていますが、ブライドルレザーは蝋を刷り込んでいるので白い膜が入っています。

使っているうちに蝋が馴染み白っぽさがなくなりますので、ご安心ください。

内側の写真です。内側は、牛革のヌメ革を使用しており、カードポケットが10個ついています。

また、GANZOのロゴもしっかり刻印されていて、高級感がありますよね。

実際に、カードを入れたところ。

スッキリ収まって、変に緩かったり、きつかったりせずジャストフィットです。

お札入れは、2つあります。

この財布は、マチ無しなのであまり大量のお札は、入らなそうですが10枚くらいであれば、まったく問題ありません。

小銭を入れる所は、ありません。

カードポケットとは、別に少し浅めのポケットもついています。

ここは、一時的にレシートなどを入れておくのに使えそうです。

横から見たところです。

この財布は、小銭入れがついていないので、かなり薄くスーツの内ポケットにもスッキリ入ります。

実際にカードを入れた状態での、横から見た写真です。

カードをフルに入れても、この薄さ。スッキリです。

最後に、GANZOのロゴです。

このロゴは、好き嫌いが分かれるかと思いますが、僕はこれに惚れて買ってしまったと言っても過言ではありません。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ブライドルレザーやヌメ革は、使っていくなかでおきる経年劣化も楽しみの一つです。

今後は、定期的にこの財布の経年劣化の様子もレビューしていきたいと思いますので、どうぞ楽しみししていてください。

コメント