SIGMA 30mm F1.4 DC DN を α6400 につけて使ってみて、良かったこと、悪かったこと

カメラ・レンズ

こんにちは、hy-awaです。

今回のブログでは、初めての試みとして自分が使っているミラーレス一眼カメラの
レンズをレビューして行きたいと思います。

今回のレンズは、SIGMA 30mm F1.4 DC DN です。

では、早速いってみましょう。

レンズの仕様紹介

SIGMA 30mm F1.4 DC DNは、SIGMAのContemporaryシリーズの単焦点レンズで、
以下のような仕様となっています。

レンズタイプ単焦点
最短撮影距離30mm
開放値F1.4
マウントソニー Eマウント
キヤノン EF-Mマウント
マイクロフォーサーズ
希望小売価格48,000円(税別)

このレンズの特徴は、開放値がF1.4というめちゃくちゃ明るいレンズで、背景が
めちゃくちゃボケます。

また、最短撮影距離が30mmで、ソニーのAPS-Cのカメラに装着した場合は、35mm換算で
45mmとなり人の見た目に近い画角と言われている50mmに近い、非常に扱いやすいレンズになっています。

また、希望小売価格は、48,000円ですが量販店では、大体35,000円位となっており、
私は、マップカメラの中古美品で30,000円で購入できました。

レンズの詳細については、以下にリンクを貼っておきますので、ご覧ください。

30mm F1.4 DC DN | Contemporary
光学性能とコンパクトネスを高次元で両立。ミラーレスのための大口径F1.4スタンダードレンズ、登場。

作例のご紹介

では、ここからはSIGMA 30mm F1.4で撮った写真をご紹介します。
なお、全ての写真はα6400で撮っています。

30mm 1/50sec F8 ISO320

まずは、西新宿の普通の風景です。隅々までカリッと撮れます。

30mm 1/800sec F1.4 ISO100

開放F1.4で撮影。ピント位置は、非常にシャープでありながら、背景は
いい感じにボケてます。

30mm 1/50sec F3.2 ISO1000

お次は、夜景での撮影です。ストロボを使わずに手持ち撮影でここまで明るく撮れます。

30mm 1/6400sec F1.4 ISO100

前ボケを入れて撮ってみました。赤と緑の色のりもよく、コントラストも良く出ていると
思います。

30mm 1/4000sec F1.8 ISO100

こちらは、桜を撮ってみました。F1.8でもこのボケ感。ボケもうるさくなく、非常に
滑らかではないでしょうか。

感想

いい点

このレンズの魅力は、なんといっても開放値F1.4という非常に明るいレンズで、背景ボケの綺麗な写真が誰でも簡単に撮れることだと思います。

そして、画角も30mmのため(35mm換算で45mm)標準レンズとしても使え、ほぼほぼ
人が見た目のまま撮ることができます。

また、非常に軽量であるため、街歩きスナップや旅行でも大活躍します。
先日、沖縄旅行に持って行きましたが、ほぼほぼこれ一本でポートレートから、
海や花、夜景などオールマイティーに活躍してくれました。

その上、価格も30,000円台で買うことができ、めちゃくちゃコスパがいいレンズだと思います。

残念な点

残念な点としては、手振れ補正機能がないことです。

ただし、そもそもがF1.4という明るいレンズなのでシャッタースピードもそれほど
遅くする必要もないため、正直使っていて不便さを感じることはありませんね。

最後に

今回は、SIGMA 30mm F1.4 DC DNのレンズレビューでしたが、いかがでしたでしょうか?

このレンズは、標準レンズとして間違いないのレンズです。

是非、皆様も購入してみては、どうでしょうか?

コメント